人気ブログランキング |

  P & F completed

禁断のソビエトBiogon;LZOS(ルトカリノ光学硝子工場)Jupiter-12 35mm F2.8






遂にロシアレンズを入手してしまいました。
シリアルから判断するに70年製。
そうです、鎌とハンマーを掲げた万博ソ連館が大阪吹田に威容を誇った時代のレンズ。
マークは台形に矢印ではなく三角とまんまるマークです。
KMZ製ではなく、LZOS製でしょう。




ピントは中央「スーちゃん」の文字。
35mmで最短1mなんで新聞本文の文字はちょっと苦しいですが、まあまあな感じです。
足下が写ってしまったので、少しトリミング。
f0160179_12192415.jpg









19号 大桑・木楽舎前 架線は中央線
f0160179_14131875.jpg






さくらカラーに合わせました。
f0160179_1234525.jpg

絞り:F2.8 SS:1/8 ISO:400




周辺減光があるようようですが、
この色ノリはフレクトゴンとなんら変わりないと感じます。
f0160179_12433.jpg

絞り:F2.8 SS:1/15 ISO:400





SS1/8でもブレそうな気がしません。メモが曖昧で露出情報は違っているかも。
f0160179_1243218.jpg

絞り:F4 SS:1/8 ISO:400


*************************************************
LZOS Jupiter 35mm/F2.8
Kodak Super Gold400
ナニワカラーキットS(印画紙用)
現像液 500ml用薬品で1,000ml分作成
漂白液 500ml用薬品で700ml分作成

現像:5本目 31℃ 6分30秒 最初30秒連続攪拌 以後30秒毎5秒毎攪拌
停止:水(45秒)
漂白:32℃ 9分 最初30秒連続攪拌 以後30秒毎5秒毎攪拌
水洗 + QW +水洗 + DW 合計10分
EPSON GT-F600 (カラー48bit 2400dpi)
*************************************************
中距離では、10mや15mあたりのねらったところにちゃんと来ているみたいです。
無限遠はよくわかりませんが、まあフレクトゴンにしたって甘いしね。

フィルムだし最短1mと寄れませんで、ぐぐっとくる立体感丸出しの絵うまくいってません。
我が家のJena勢と比べても今日のところ差違は感じません。
ゾナーの50mmF2と似ている印象。




にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村 写真ブログ 中判写真へ








一眼レフ用の35mmと並べてみました。
大きさはこんなに違います。50mm以上ではRF用と一眼レフ用でそんなに
レンズの大きさの差を感じませんが、やはり広角になると全然違ってきますね。
f0160179_1244952.jpg

Pentax istDS2 + CZJ Flektogon 35mm/F2.8(ゼブラ)

大祖国戦争に勝利したソビエト連邦が、ドイツ本国より
Zeissの工場を接収して、戦前のツアイスの広角レンズ、Biogon35mmを
デッドコピーしたといわれるジュピター12であります。


ホンモノBiogon35mmはContaxマウント用にしかありませんので、Lマウントで
使うためには毀誉褒貶があってもロシアンレンズを使うほかありません。

こういう機材を嫌う方も多いようですが、今回遙々やってきてくれた玉は鏡胴も
しっかりしている感じですし、写りもコクのある色ノリを感じます。

もっとも使用限界に近いナニワカワーキットSの現像液ですから、まともな色調
ではないかもしれませんが。

ホンモノBiogon35mm-一度松屋カメラでみた覚えがあります-があったとしても
戦前のモノコートです。
ホンモノもパチモンデッドコピーも、どっちもどっちかもしれません。

なによりも1/8でもサクサク撮れそうなカンジがええわー
巻き上げ目的でシャッターきりそう。
by mizuki_2004 | 2011-04-29 16:54 | 信州