P & F completed

RICHO XR RIKENON 50mm/F2(前期型 最短45cm)

5,000円ズミクロンといわれる前期型リケノン50mmです。
1978年8月発売当時リコーXR500のボディ、50mmF2レンズとケース込みで39800円を実現し、「サンキュッパ」のTVCMがあったといいますが、
この頃は浪人生でTVもないし、カメラには全く興味がないので、
まったく覚えがありません。

絞りリングの「50mm」と最短45cmが前期型のポイントのようです。

最近物欲がわかない。ヤフオクもebayも全然チェックしなくなった。
ある意味これはいかんと思って、ジャンクででていたものに入札しました。

f0160179_1555378.jpg

by Pentax istDS2 + aus JENA Pancolar 50mm/F1.8


世代比較は、こちらがくわしいですが、とりあえず、ネット上の情報をいい加減にまとめました。

・第1世代 いわゆる前期型 1978年発売
最短撮影距離:45cm
レンズ銘板: XR RIKENON
絞りリング:50mmの刻印
鏡胴:金属製でピントリングのローレットがゴム製
文字:彫り込み

・第2世代 いわゆる後期型
レンズ銘板:末尾にLの文字が入る
最短撮影距離:60cmに変更
鏡胴:樹脂製
文字:印刷

・第3世代
レンズ銘板:Pの文字
最短撮影距離:60cm
鏡胴:ヘリコイドもプラ化でさらに軽量 レンズ自体も小型化
プログラムオートに対応




 ☆ ☆ ☆

Zeissの絞り開放主義のときは、線の太いかんじの描写に興味がわきませんでした。
最近絞った写真をとっていると、5000円ズミクロンのニックネームが気になりだし試しに入札。
ライバルもあらわれず、開始の値段のままで落ちてました。


文字は彫り込みでも絞りは1段ごと。タクマーやJenaにくらべ造りは凝ってはいません。
それでも、総金属の鏡胴で結構重い。ピントリングはタクマーほど軽くなく、
Jena Zeissほど重くなく、しっとり良い感じです。

最初何枚か撮っても、あんまりピンとはこなかった。
ツアイスの絞り開放の立体感、おおー凄い、という感激は当初は無し。

しかしブログアップ用に、少しPicasaでいじろうとすると、タクマーや
パンカラーと違って、触ると却って、絵がダメになるようなところがありました。
露出をもちあげ、気になる暗部を等倍でみると、暗部の中にまたまた世界が
存在している。
Zeissと同じく暗部がつぶれないですが、リケノンの絵は甘いところがないのが
ちがうところ。

なんだか、ごそごそとjpegをいじっている内に、あなおそろしや、
いつのまにか、リケノンの世界にとりこまれて行きました。

柔のタクマーやツアイスにくらべると、剛のリケノンという感じ。
名門の品の良さをまもるZeissにたいして、野武士リケノンか。

リケノンの無骨な固い写りをみたあとで、ZeissやTakumarの絞り開放の柔らかい写りに触れると
ぱーと満開のお花畑に戻った気がするのも、正直なところです。


でも噛めば噛むほど味がでるというのか、玄人ごのみのレンズなのかもしれません。
この精緻な描写がGRデジタルとかにリコーの高級コンパクトに繋がっていくのか、と
納得しました。
そういえば昔リコーの銀塩コンパクト持ってたなー。

ネットでの評判通り、リコー理研グループの、なんか底知れぬモノがあるレンズですね。

5000円ズミクロンに続けて、本物ズミクロンを手にするのも楽しみ?!


 ☆ ☆ ☆

実はジャンクだけあって、こんなにカビカビ。
このカビが影響しているのか、それとももともと逆光に弱いレンズなのか、
かなりフレアーがでます。

f0160179_15552311.jpg


by Pentax istDS2 + aus JENA Pancolar 50mm/F1.8

掃除して、コントラスの高いすっきりした描写をみたいものです。

しかし分解の一歩でつまづき中。
ビスが堅くてまわらず、ネジ山つぶしそうです。

当分はきっちり絞ったり、ソフトで修正するだけで使ってみよう。

---------------------------------------------------------------
分解清掃参考サイト
前期
http://yaneneko.blog52.fc2.com/blog-entry-213.html
http://auphoto.exblog.jp/8382922/

後期
http://dongamera.hp.infoseek.co.jp/Rikenon50mmF17.pdf
RICOH Rikenon 50mm F1.7 レストア記録
---------------------------------------------------------------
[PR]
by mizuki_2004 | 2009-08-24 23:30 | 機材